WordPress「SiteGuard WP Plugin」を入れたサイトのログインページが404になった時の対処

WordPress「SiteGuard WP Plugin」を入れたサイトのログインページが404になった時の対処 WordPress
この記事は約3分で読めます。

スポンサードサーチ

ログインページのURLを変更した場合に起こる404エラー

どうも上かるびです。

WordPressには「SiteGuard WP Plugin」というセキュリティ対策のプラグインがあります。

 

最低限入れておくべき有名なプラグインですが、24時間ログインしないとsiteguardで設定したログイン画面(~~/wp-adminではないやつ)で404ページが表示されます。

この場合、焦ってwp-login.phpやwp-adminを叩いても恐らく入れないでしょう。

毎日ログインしないならアクセス制限の設定を変えよう

こうなってしまう原因のひとつに、SiteGuardのアクセス制限を24時間以内にしてしまっていることが挙げられます。

これをONにし、24時間ログインしないと404になる。

 

 

ネコーダー
ネコーダー

なお今回紹介する方法で必ず直るとは限らないです。直らなかったらコチラのサイトを参考にしてみてください。

解決策は.htaccessファイルをいじる

結論から言うとpublic_html直下の.htaccessファイル内にある以下の記述を消します。

※.htaccessはハイパー重要なファイルなので作業前にはバックアップを取ることをおすすめします。

.htaccessをいじる方法

大きく2通りあります。

①サーバーパネルから直接いじる。

②FTPファイルでローカルに落としていじる。

基本的にどちらでもOKです。

私はエックスサーバーを使っているので、エックスサーバーのいじり方のリンクを載せておきます。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_htaccess.php
(他のサーバーの方はすみませんがご自身でお調べください。)

404に関する記述を削除する

.htaccessを開いたらこちらの記述を削除します。(念のため、戻せるようにどこかにコピペしておきましょう。)

.htaccess内の記述

 

これで恐らく入れるようになるかと思います。

 

それではよきWordPressライフを。

スポンサードサーチ

参考文献

FAQ | SiteGuard WP Plugin | ソフトウェアWAFのJP-Secure
ログインできなくなりました。管理ページアクセス制限を有効にしている場合、ログインしていない接続元からの管理ページ(/wp-admin/)へのアクセスは、404エラーになります。そのため、「http://ホスト名/wp-admin/」へのアクセス(ログインページへのリダイレクト)でログインすることはできません。ログインペ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました