VSCode内でエディターからターミナルへ移動するショートカットキーを設定しよう【Windows】

ツール / 環境
この記事は約3分で読めます。

どうも上かるびです。

今回はVSCode内でエディター画面とターミナル画面を行き来するショートカットキーを設定する方法を共有します。

スポンサードサーチ

この記事を読むのに向いている方

  • VSCode内のgulpやwebpackをターミナル上で動かしている方
  • Windowsユーザー
    Macユーザーは下記の記事を参考にしてください。

できるだけキーボードで操作するのが理想

 

gulpやwebpackを使うようになってから、VSCode内でエディター画面とターミナル画面を行き来することが増えました。

今までマウスに持ち替えていたのですが、めちゃくちゃ面倒くさいなと感じていたものの、ショートカットキーを調べることも面倒くさいなと思って何もしませんでした…。

ようやく重い腰を上げて調べてみたら、5分もかからずに設定できたので共有いたします。

ネコーダー
ネコーダー

いつやるの?今でしょ!

スポンサードサーチ

設定方法

まずは検証しやすいように「Ctrl + J」でターミナルを開いておきましょう。

①ターミナル→エディターの移動

これは既にVSCodeで既定されています。

ターミナル画面上にカーソルがある状態で「Ctrl + 1」を押すと、エディター画面に移動できます。

②エディター→ターミナルの移動

こちらは設定されていないので、自分で設定します。

 

ツールバーより、

ファイル→ユーザー設定→キーボードショートカット

で設定画面を開きます。

「Ctrl + K 」→「Ctrl + S」でも開けます。
開けたら、「terminal.focus」と入力しましょう。
すると下記のように候補に出てきます。
まだ設定されていないのを確認できたら、左側にある「+」ボタンをクリックします。
すると任意のキーを求められますので、好きなショートカットキーを入力します。
今回はターミナルということで「Ctrl + T」で設定しました。
すると「1つの既存のコマンドがこのキーバインドを使用しています」とメッセージが出るかと思いますが、そのままEnterを押しましょう。

「Ctrl + T」のWhen式を変更する

このままでは「ワークスペース内のシンボルへ移動」というコマンドと被ってしまうので、

エディター画面にフォーカスしている時に押すと効くように設定します。

先ほど設定された「ターミナルにフォーカス」の上で右クリックして「When式を変更」をクリック。

 

入力を求められたら、「editorTextFocus」を入力します。
ネコーダー
ネコーダー

完了です!

これで設定は終わりです!お疲れ様でした。

「Ctrl + T」でエディターからターミナルへ

「Ctrl + 1」でターミナルからエディターへ行き来できるようになったかと思います。

これでgulpやwebpackをすぐに実行できそうです。

それでは良いコーディングライフを。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました