コンソールに表示されるGSAPの注意「GSAP target not found」を非表示にする方法

GSAP target not foundを非表示 JavaScript / jQuery
この記事は約3分で読めます。

どうも上かるびです。

最近はサイトにアニメーションを実装するとき、専らGSAPにお世話になっています。

スポンサードサーチ

コンソールエラーが消えない

最近納品した案件でもバリバリ使ったのですが、他のライブラリと併用したため、
GSAP target [object NodeList]not found.のエラーが。

 

表示上は特に問題なかったのでスルーしていましたが、やはりエラーは気持ち悪いもの。JavaScriptのファイル上で解消しようと思ったのですが、技術的に無理でした…。

gsap.config()で非表示にできる

結論、「gsap.config()」という関数で非表示にできます。

いくつかプロパティが用意されていますが、その中でも「nullTargetWarn」を使用します。

 

nullTargetWarn – By default, GSAP will throw a warning when attempting to tween elements that don’t exist (are null). You can suppress this warning by setting nullTargetWarn: false.

存在しない要素を取得しようとするときに出るエラーを非表示にできる、というもの。

使い方は下記コードをGSAPを使用しているファイルやブロック内に追加します。

スポンサードサーチ

スクロールに関するエラーは無視していいらしい

補足で、ScrollTriggerを使用していると

[Violation] Added non-passive event listener to a scroll-blocking ‘wheel’ event. Consider marking event handler as ‘passive’ to make the page more responsive.

スクロールをブロックする「wheel」イベントに非パッシブイベントリスナーを追加しました。ページの応答性を高めるために、イベントハンドラーを「パッシブ」としてマークすることを検討してください。

という注意が出ることがありますが、こちらは無視してよいそうです。
PassiveEventListenerの詳細はこちらの記事が分かりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました