コーダーとしての転職 面接レポート #03 ~カフェでZoomはやめておけ~

コーダーとしての転職 面接レポート #03 ~カフェでZoomはやめておけ~応募する側
この記事は約2分で読めます。

スポンサードサーチ

応募した会社の概要

  • リモート可能
  • WordPressでのサイト制作がメイン

カフェ(モスバーガー)でZoom面接

前回のZoom面接で時間がカツカツで精神的な余裕が無くなってしまった反省を生かし、職場の会議室で面接するつもりでいました。

朝に全体のチャットで「〇時から会議室使わせてください」と共有しました。

が、面接の1時間くらい前に来客(仕事関係ではなくカジュアルな感じ…。)があり、しれっと会議室が使われてしまいました。。。

仕方なく急きょ職場近くのモスバーガーへ駆け込み、そこでZoom面接開始。

カフェで面接するな、iphoneでZoomするな

急きょの予定変更だったためiphone用のイヤホンしか持ち合わせておらず、iPadではなくiphoneにイヤホンをさしてZoom面接。

カフェということであまり大きな声が出せない&周りに聞かれていることの羞恥心。

iphoneなので画面共有させてもらった時によく見えない。

この2点から、終始思い通りに話せなかった感じでした。。。

スポンサードサーチ

面接の流れ

今回は以下の流れで行いました。

  1. 企業紹介・業務内容紹介
  2. 自己紹介・Webの仕事について
  3. 転職理由・現在の職場の状況
  4. コーディングやツールに関する質問
  5. 条件等について
  6. 逆質問

反省点・課題点

WordPressでのサイト制作がメインだということで、活躍できるかなと思い応募しましたが、お話を聞いた限り恐らく”テーマを自作できるレベル”が求められてました。

またコーディングはすべてbootstrapだと知らされ、その時に「昔、一度触ったことがある程度ですね…。」と少し消極的な姿勢を見せてしまいました。(”勉強する、頑張る感じ”を見せればよかったかも)

あとは希望年収を聞かれたときに「〇〇〇万円です」と、モスバーガーの客に私の希望年収が知れ渡ってしまったのがとても恥ずかしかったです。

選考結果

面接の5時間後くらいに不採用の通知が来ました。

迷うことなく却下されたんだなと思い、少し凹みました。

いうて私も面接後に「bootstrapか…。」と少し引っかかっていたので結果オーライだったのかもしれません。(正当化)

実務での「WordPress(のカスタマイズが)できる」というのはテーマが自作できるレベルなのかもしれません。

引き続き頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました