Web業界2年目アラサーがコーダーからフロントエンドエンジニアに転職した話

応募する側
この記事は約10分で読めます。

どうも上かるびです。

アラサーで教師からWeb業界に転職し、2年目となったこの度、別の会社に転職することになりました。

職種もマークアップエンジニア(コーダー)からフロントエンドエンジニアになります。

 

今回は転職に至った経緯や転職活動中に気を付けたことなどをつづっていきます。

スポンサードサーチ

簡単な経歴紹介

まとめ

 

[ 2018年 ]教師を辞める

[ 2019年 ]今の会社へ入社(求人はWebデザイナー兼コーダー)。名刺を作るときに「デザイナーではないからね~」と軽く言われてショックを受け、肩書が「マークアップエンジニア」になる。

[ 2020年 ]その名の通りコーディングメインで業務するもそもそもコーディング業務が少なく、コピペやWordPressの記事を書く作業を行う。

[ 2021年 ]転職

ここからは、どのような経緯で転職しようと思い行動に移したかをご紹介します。

積もっていった不安と不満

時期はハッキリ覚えていませんが、2年目に入るくらいから業務内容や働き方について、少しずつ不安と不満が積もっていきました。

将来に対する不安

パソコンする人

初めてコーダーの後輩ができたりするものの、コーディング業務がどんどん減っていくのを感じました。

要員としては、会社としてサイト以外の動画制作や通販などの業務の割合が増えていたことだと思われます。

それによって会社の売り上げが右肩上がりになるのは良いことですが、私にとっては

私

このままコピペ作業を続けていたら経験年数とスキルの格差が広がって市場価値のない人間になってしまう…

私

私がいなくてもこの会社は成り立つのでは…

私

貢献しようにも努力するベクトルが見つからない…

などという状況として感じておりました。

このままここでやりがいを感じることなく、実務としてのコーディングスキルも身につけることなく過ごしていくことに焦りを感じ始めました。

ネコーダー
ネコーダー

人生一度きり。Time is money.

 

人間関係の不満

会社の規模が10名程度なので、ひとつの大きな部屋で全員が業務をこなしており、そうなると当然、他の人の会話も大抵は聞こえてきます。

一人ネガティブ発言が多い方がいて、正直あまりいい気持ちではありませんでした。

このために途中「反応しない練習」という本をkindleで購入して読みました。
この本のおかけで一時期に気持ちを持ち直しました。

しかしそんな短期間で完全に変われるはずもなく、ネガティブ発言によって自分では気づかないレベルでチクチクと不満がたまっていたのだと思います。

スポンサードサーチ

転職を決めた2つのきっかけ

不安と不満を抱えながら働いていましたが、2つのきっかけによってついに私の中でセカンドインパクトが生じ、転職を決意します。

 

結論からいうと「オフィスの移転(通勤時間の増加)」と「人間関係」です。

引っ越したタイミングでオフィスの移転が決まる

会社に入社して1年半以上、家から職場までドアtoドアで1時間20分くらいかかる生活を続けていました。

知らない人に押されたりおっさんと密着したりしながら毎日3時間も浪費する生活を続けた結果、「通勤(満員電車)」というものが本当に嫌いになっていました。
そんな中2020年12月末に猫飼育可能のマンションに引っ越し、通勤時間を30分くらいまで短縮できました。

「ようやく満員電車のストレスから少しは解放される!」

そう思っていた矢先、会社のオフィスの移転が決定しました。

今のところより遠くなり、通勤時間も1時間くらいかかることが判明。

グループ会社の関係などで決まったことらしく、誰が悪いとかそういうものではないのですが、タイミングがタイミングなだけに相当なショックを受けました。

「リモートできれば関係ないんじゃね?」という思い付きもありましたが、基本的には出社するスタイルの会社。

しかもグループ会社全体で「リモートの人は給料7割」ということが通達されました。

 

私

今考えるとこれも転職を決めたきっかけの一つだったのかも…。

会社の中ではリモートできない業務がある方もいるのですが、私の業務内容はリモートでもできます。このご時世に「リモートしたら給料下げるよ」なんて、正直それはもう脅しというか、ハラスメントのようなものを感じました。

 

しかもただの制作会社ならまだしも、今の会社は「健康・美容」業界のグループ会社。健康を謳っている会社がコロナの感染拡大防止に貢献しないなんて、お粗末すぎます。

ただ実際のところは1月~3月現在、今の会社の社長のご厚意で給料カットなくリモートさせていただいております。

このおかげで一旦は満員電車のストレスもなく給与が減る不安もなく、精神的に持ち直しますが、長期的に考えればいずれは出社することになります。

そう考えた結果、コロナ関係なくリモートOKな会社に転職しようと決めました。

仲間を罵倒する人とは働きたくない

ある日Webチームとは別のチームでトラブルがありました。

その時にネガティブ発言をよくする人が、チームの一人がいない時に、めちゃくちゃ愚痴をこぼし始め、ついには「殺」「死」などの文字が入る暴言を吐くほど。

この出来事でついに私のセカンドインパクトが発生。

 

週刊少年ジャンプに影響されて育ってきた私からすると、このように仲間の悪口を平気で言えちゃう人は本当に無理というか、もう金輪際、関わりたくないのです…。

冗談で言ったのかもしれませんが、だとしても冗談でそういうことを言える人は無理なのです…。

 

他人は変えられませんし、上司などに相談したところで変わるわけではありません。

将来的にリモートできないし、満員電車に乗ることにもなるし、これ以上ストレスを受けながら仕事をしたくない。

 

自分を守るためにここから離れよう(転職しよう)と決めました。

業界2年目の転職活動

 

今回の転職活動では、既にWeb業界を経験しているため、初めてWeb業界に入ったときの「未経験」というハードルは存在しません。

 

ただその分この1年間でどれだけ知識やスキルを身につけたかを、いかにアピールできるかが重要だと考えてました。

準備したポートフォリオサイト

ポートフォリオはプライベートで制作したサイトや、業務上公開可能なサイトなどを一覧にしただけの簡易的なサイトで臨みました。

2020年にも「いつか転職するかも…」ということで、少しずつ新しいポートフォリオサイトを制作していました。

ただCSS設計やwebpackなど色々取り入れようとして時間をかけてしまっていたため、間に合いませんでした。反省。

ネコーダー
ネコーダー

理想はブログ型のポートフォリオサイトなのかもしれない。コーダーであればGitHub公開できるといいかも。


転職活動に使ったエージェント

マルチタスク

基本的には以下の転職エージェントサイトを使って会社を探しました。

エージェントによって求人が探しにくいところもありますが、全体的に見るようにしていました。

Green→エンジニア向けの求人多いが必須スキル高め

求人検索:「Webコーダー・HTMLコーダー」で一括り。「フロントエンドエンジニア」のカテゴリーはなく、システム開発エンジニアとして扱われている。

FIND JOB→「デザイナー兼コーダー」から「フロントエンドエンジニア」まで幅広い求人がある。

求人検索:「フロントエンドエンジニア」と「HTMLコーダー」を分けて検索できる。

type→エンジニア求人が多いが一般職もあるので探しにくい。AIが面倒見てくれる。

求人検索:「Webデザイナー・コーダー」で一括り。「マークアップ・フロントエンドエンジニア」で一括り。

DODA→流行りなエージェントなだけあって有名企業も多数参戦している。

求人検索:「コーダー・マークアップエンジニア・フロントエンドエンジニア」で一括りにされている。

この他にも5社くらい直接制作会社に応募しましたが、返信すらありませんでした。
ネコーダー
ネコーダー

忙しいのかな?それともスキルが足りなかったのかな?無視は悲しい。

面接前に準備した自己分析・情報

大まかではありますが、まとめたことと項目のポイントをご紹介します。

ガチガチに話すことを決めてしまうと、予想外の角度から質問がきたときに焦ってしまうので、大枠だけ覚えておくのがおすすめです。

自己分析系

  • 自己紹介:相手が履歴書などを読んでいること前提で簡潔に。
  • 志望動機:「なぜ他の会社ではなくこの会社なのか」を意識。自分のスキルと相手の会社が欲している部分とのマッチングポイントに注力。
  • なぜ転職:今の会社の悪口を言わないように。ストーリー性を持たせて親近感を持たせる。
  • 長所と短所:長所→長所の反面(=短所)→短所を克服するために心がけていること・行っていることをセットで。

仕事関係

  • 成功体験、失敗体験:より具体的に。自分で考えたこと、行動したこと。
  • 今後どうしたいか(将来のビジョン・キャリアプラン):短期目標と長期目標で話す。

逆質問

基本的には面接中に気になったこと最後に質問しますが、予想外の質問ばかりくると頭が真っ白になってしまうこともあるので、事前に候補になりそうなことを考えておくようにしています。
  • 職場の雰囲気
  • 直属の同僚・上司はどのような人柄か
  • 即戦力になるために必要な知識やスキルはあるか

ポートフォリオサイト

制作したサイトについて簡単に紹介できるようにしておきました。

 

今までの面接でもわりと「このサイトで特に意識したこと・導入した技術などありますか?」という質問が多かったので、一通り整理しておくとよいかと思います。

マスク面接は非言語的コミュニケーションを意識

コロナウイルスが収束していない2021年。面会するにはマスクが必須ですが、マスクをしていると「お互いに相手の表情が読み取りにくい」という弊害があります。

マスク面接では非言語的コミュニケーションを意識しました。

 

  • 身振り手振りを加える(多すぎると幼稚っぽく見られるので注意
  • 相槌やリアクションを少し大げさにする。

リモート面接でも非言語的コミュニケーションを意識

面接した会社のうち3社はリモート面接でした。(うち1社は内定いただけました。)

 

リモート面接の場合も、マスク面接とはまた違ったことを意識しました。

  • 自分が話す時は画面ではなくできるだけカメラを見て話す
  • 聞いている時は頷きを少しオーバーめにする
チコちゃんに叱られるの番組で『リモートだとしても、話をしている時にリアクションをした方が相手が話しやすくなる(好印象)』みたいなことが実験で証明されていました。

スポンサードサーチ

転職活動結果

最終結果は以下のようになりました。

  • 応募:約50社
  • 面接:7社
  • 内定:2社

割と大きな会社やコーディング能力が高い会社は必須条件として『実務経験3年以上』とかを掲げている場合が多いなと感じました。(そういうのは気にせず応募しました笑

2週間後の内定通知

ある制作会社さんに面接に行った際、とても雰囲気がよくて、面接後もオフィス内を紹介してくれるなど好印象でした。

1週間後に結果をお伝えするということで結果を待っていたのですが、結局1週間後に連絡は来ませんでした。。。

 

ところが、まさかの2週間後に内定通知が来ました!

ネコーダー
ネコーダー

やったね。

私

サプライズすぎて思わずその場で小躍りしました。

今の会社のオフィスが移転する前に決めたいと思っていたので、とりあえず一安心!という感じでした。

なお肩書は「フロントエンドエンジニア」ですが、業務内容は開発とかではなくサイト制作がメインになりそうです。

 

転職は「ご縁」

知り合う

転職って結局は「ご縁」だと思ってます。

採用担当も経験しているから分かることで、欲しい人材や採用したいタイミングって、会社によって違うんですよね。

 

だから応募して不採用だったとしても落ち込む必要なんてないし、「自分なんか…」と卑下する必要もありません。(不採用が続くとメンタルやられますが笑)

これは自戒も含めて積極的に発信したいことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました